AI業界にアピールできる履歴書の書き方は?ー後悔しない転職活動のために①

BLOG

今回はAI業界の転職において、企業にアピールできる履歴書のポイントをお伝えします。

この記事のまとめ

  • 学歴は専門性がわかるように詳細に書く
  • 個人のアピールポイントをしっかりと書く
  • TOEIC、TOEFLのスコアを書く
  • 論文のタイトルとURLを書く
  • エージェントとの面談でフィードバックをもらう

 

それではみてみましょう。

 

AI業界にアピールできる履歴書のポイント

学歴、アピールポイントを詳細に

学歴は専門性がわかるように詳細に書く

履歴書に学歴を書く際には、「○○大学△△学部 卒業」のように大学名と学部名だけになりがちです。

AI業界では学歴をしっかりチェックする傾向にあるため、このような淡白な書き方よりも、学部卒であっても学部名だけでなく、専門性がわかるように専攻詳細・卒業論文や研究室なども書くことをお勧めします。

個人のアピールポイントをしっかりと書く

個人のアピールポイントが書かれていない履歴書をよく見かけます。特に、未経験の場合には省略してしまうことが多いようです。

アピールできるポイントがないと思っても、その職種に就きたいことやどのような仕事をやりたいかなど、自分の情熱を言葉にしてみましょう。未経験でも、採用される可能性が上がります。

TOEIC、TOEFLのスコアを書く

英語が得意であることは、AIの情報収集や技術向上には確実に有利に働きます。TOEICやTOEFLのスコアを書いて、しっかりとアピールしてください。

外国人スタッフとのコミュニケーションに課題を感じている経営者も多く、その点で心強さを印象付けることができるかもしれません。

論文のタイトルとURLを書く

理系出身者は、発表実績があれば論文のタイトルとその掲載先のURLを書きましょう。

修士や博士、数学、物理学、コンピュータサイエンスを専攻していた場合は、かなりプラスの評価が得られます。国内外の学会発表や特許出願・取得実績があれば、その内容も書きましょう。

エージェントとの面談でフィードバックをもらう

尚、転職活動にエージェントを使う際には、エージェントとの面談までに履歴書・職務経歴書を書いておくと良いでしょう。「後から作ればいいや…」と考えている人も多いのですが、この面談で書類へのアドバイスをしてもらったり、自分でも気づいていないような市場価値をフィードバックしてもらえる可能性もあります。

 

Team AI Careerでは、データ分析職種の方を中心にお仕事紹介を行なっています。
機械学習や統計の現場で活躍されている方をはじめ、バックエンドエンジニアからのキャリアチェンジを考えている方まで、幅広く全力サポートいたしますので、 サイトからのご連絡や、 お気軽に代表 石井: dai@jenio.coまでご連絡ください。

 

※AI業界への転職に関する情報をまとめた書籍が翔泳社より出版されます!
機械学習エンジニアになりたい人のための本ーAIを天職にする」(石井大輔 著)